③屋久島にいくべしからず

屋久島を勘違いしている人は多い。
私もその一人だった。ある年の1月。
先輩に誘われて初めて行った時、春先に着る衣類しか持って行かなくて恥ずかしい思いをした。
南に位置するからといってどこでもかんでも暖かい訳ではない。
屋久島は日本列島全ての気候と植生域を備えているだけ
あって、冬は山頂に雪がつもる。
山頂付近は北海道の気候。
島は一周車で2、3時間。その道中も気候が変わる。
1ヶ月で35日間雨が降ると例えられるだけあって、
一日で雨が降っていない場所は無い。
一周遊び回ればそれが解る。
魚は黒潮の影響もあり絶品!
首折れサバの刺身は屋久島でしか食べれない。
トビ ウオの刺身もほぼ出回らないという。イモ焼酎もその
仕込む水が良いのと住まう微生物のお陰様で大変においしい。黒豚や黒毛和牛は生産はされているがそのほとんどが出荷用でまだ食べたことがない。
シカは何でみんな食べないのか不思議なるほどの味。
温泉はおすすめが2カ所。
一カ所は平内の海中 温泉で潮の満ち引きで左右される天然混浴温泉。もう一カ所は銭湯の様な雰囲気の尾之間温泉。どちらも溜まった疲れから即席の疲れまで瞬時に癒してくれよう。
温泉を出たら新鮮な魚介類をつまみに焼酎で一献。
不思議なことに文章が進まない。うん。多分、あまり教えたくないのだと思う。
知る人ぞ、でいい島なのだ。

Just another WordPress site